おまとめローン

おまとめローンと向き合ってみましょう

借金が複数ある場合、その返済方法をどのようにしたらいいのか悩んでいるのではありませんか?
返済自体が困難である場合、お勧めしたいのは債務整理という方法です。
しかし整理することで完済できるのであればおまとめローンの利用をおすすめします。

 

おまとめローンとは複数の借金をまとめることで管理しやすい状況を作るということです。
金利を低いところにすることで支払総額を軽くするというメリットが確かにありますが、正直言えばそれほど大きな金額ではありません。
おまとめローンをすることがお得だとよく言われていますが、実はそれほどでもないということを理解しておきましょう。
過剰な期待は禁物です。

 

借金を一本化することで管理しやすい借金に変えることができます。
それがおまとめローンのメリットです。
消費者金融でも銀行でも、借金を一本化することの最大のメリットとしてあげているのは総支払額の軽減です。
その項目を安易に考えてしまっては借金の一本化に失敗してしまいます。
あくまでも管理しやすい状況にすることが目的である、それがメリットであると考えてください。

 

今ある借金はどのくらいの金額になっているのでしょうか。
月々の返済額は大きく変化することはありません。
毎月の返済が負担となっているためにおまとめという道を選択したのであればその負担となっている問題は解決しないでしょう。

 

何が問題でどのように変えていきたいのか、それをまずは明確にすることです。

 

おまとめローンを活用するときはじっくりと検討してから借り入れしましょう。逆に即日キャッシングをしたいときはすぐに行動へ移すほうが良いでしょう。

 

キャッシングは家から一歩も出ずに利用ができる

お金を借りるためには消費者金融や銀行カードローンの店頭窓口に向かい、対面で申し込みをする。
それはかつての借入方法です。
借金という重い言葉がぴったりとはまります。
現在のキャッシングは来店をしないままに利用をすることができます。
インターネットがあるからこその時代です。

 

インターネットで申し込みをすることもできます。
即日融資の可能性もあり平日の午前中に申し込み手続きが完了すれば当日に融資を受けることも難しいことではありません。
必要書類の提出も専用アプリを使って送信することができ、自宅にキャッシングの専用カードと契約書が郵送されてきます。
借り入れには振込キャッシングがあります。
指定した銀行口座に借り入れ金額を入金してもらう方法です。
返済もインターネット返済があり、インターネット専業銀行から返済をすることができます。
どうでしょうか。
お金借りる申し込み、契約、借り入れから返済まですべてをインターネット上で行うことができます。
一度も来店をすることなく完済まで進むことも少ないことではありません。
また、もう一つあります。
大手消費者金融ではインターネットの会員ページもまた充実しており登録情報の変更や増額審査の申し込みも行うことができます。

 

インターネットとキャッシングの関係、非常に濃密になっています。
そうはいってもそれは消費者金融に限ってのことです。
銀行カードローンでは申し込みにはインターネットが主流にはなっているものの、まだまだ普段の利用に使えるほどにインターネットが充実しているわけではありません。

 

もちろん来店して利用することもできます。
銀行口座にお金が必要なのではなく現金を受け取らなければならないキャッシングもあるでしょう。
インターネットを使った利用は便利であり借り入れにも返済にも利用手数料がかからないという大きなメリットがあります。
それでもほかの借り入れ、返済方法も利用する可能性があるとして事前に確認をしておきましょう。

おまとめのメリット

おまとめをするメリットを考えていきましょう。
まず、現在返済している月々の金額、この金額自体が負担なのではなく管理することが困難であるという方におまとめが向いているということが大前提となります。

 

そのため一番のメリットは返済日を月に一度にすることができるということです。
銀行からの振込みで返済をしている場合にも何度も手間がかかりますし、ATMに向かって返済しているのであればその分何度も足を運ばなくてはなりません。
些細なことと思うかもしれませんが、何度も返済を行うことがあなたにとって負担なのではありませんか?
それを一度だけにすることができる、それだけでも気持ちが軽くなるはずです。

 

最大のメリットとしては返済日をまとめることができる、ということではありますが、金利が低いところにまとめることによって返済の中で占める利息の割合を変えていくことができます。
勘違いされがちではありますが元金を減らすことができるものではありません。
元金を減らすという方法であれば債務整理をすることが必要になります。
おまとめは金利の低いところに一本化することによって、金利、つまり利息としてしはらう部分を少なくすることができるということです。
借金の総額が変わることであると思われているおまとめですが、変えることができるのは利息の総額であることを忘れてはいけません。

 

おまとめをすることによって借金は金額は大きいままであっても一つにまとめることができ、それによって管理がしやすい状況を作ることができます。

おまとめのデメリット

おまとめローンをするのであれば低金利の金融機関にしなくてはならない、それはもちろんのことです。
しかしおまとめローンの仕組みを理解していなければ借金を管理できずに失敗してしまうことにもなりかねません。
計画性が無くては失敗する可能性もある、それがおまとめのデメリットとなります。

 

金利が低いところに借り換えることによって、返済に関わる利息を軽減することができるのはおまとめのメリットです。
しかし、金利だけが軽減されるのだということを忘れてはいけません。
元金は変わらないのです。

 

利息は日割りによって計算されます。
返済期間が短ければそれだけ利息を少なくすることができます。
それは金利が高い低いは関係なく、日割りとなることで一日分の利息×借り入れ日数となるからです。
そのため返済期間が長くなれば長くなるほどに日割り計算の利息は加算されていきますので、総返済額の中の利息が占める割合が高くなるということです。

 

借金をまとめる目的として、月々の返済額が負担であるというのであればおまとめをして月々の返済額を少なくすることもできます。
しかし反対に返済期間が長くなります。
当然ですね。
100万円を10万円ずつ10回で返済するのと、100万円を2万円ずつ50回で返済するのでは期間に大きな違いが出るというものです。
そのため、どの点に重点を置いて計画をするのかによって返済総額が一本化をする前よりも高くなるということは充分にあり得ることです。

今すぐ融資が可能なカードローン

思わぬことから急にお金が必要になることがありますが、今すぐ融資を受けたいときはキャッシングを申込めば遅くとも今日明日中にお金が借りられます。

 

キャッシングでお金を借りるためには審査を受けなければならないのでその時間は必要ですが、これまでのように、申込をして何日も待たなければならないということはありません。
ただ、申込をしたからと言って希望どおりの金額が借りられるとは限りませんが、よほど大きな金額でないかぎり、すぐに融資をしてくれるのでまずは申込みをしてみることです。

 

特に急いでいる場合は消費者金融の無人契約機で申込めば1時間程度でカードの発行をしてもらい、カードでお金が引き出せるようになりますが、消費者金融は金利が少し高めになるので日にちに余裕があるようでしたら銀行カードローンを申込むほうが低金利でお金が借りられます。

 

申込方法は消費者金融も銀行の即日融資カードローンでもそれほど変わりはなく、最近はどこでもインターネットを利用した申込ができるので、わざわざ店舗や無人契約機へ出向く必要がありません。
カードローンの中でも新生銀行グループの「レイク」は審査時間が最短30分で終ることや三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」のインターネット申込も最短30分で審査が終わることから即日融資を可能にしています。

 

契約が終われば指定口座へ振込をしてもらい、自分のキャッシュカードでお金を引き出したり、無人契約機やテレビ窓口でカードを受け取り、カードを使ってすぐにお金を引き出すという方法もあります。